輸入住宅の間取りの特徴

輸入住宅の間取りには、日本の間取りと違う箇所がいくつかあります。

まず、輸入住宅の間取りでは、間仕切り壁の少ないオープンプランニングが採用されております。間仕切り壁が少ないことで、見える視界の量が増えて、室内に開放感が広がります。

磐田の赤毛のアンのような輸入住宅情報は見逃せません。

オープンプランニングによって、開放感が生まれ、広さを感じさせてくれます。

待望のiemoの情報が豊富です。

日本の住宅の間取りでは、広さや使いやすさを重視されますが、輸入住宅は機能面だけではなく見え方にこだわることで満足する家を作ることが大切となります。



輸入住宅は、家族の絆を深めるためにも特化しております。

オープンプランニングやパブリックスペースなどの空間デザインにより、家に心地よい空間にします。

オープン的な空間により、時間や会話、ふれあいなどが生まれ、オープン的な間取りによって家族の絆を深めることになります。


輸入住宅の間取りは、間仕切りのすくないオープンプランニングによって気持ちをリラックスさせる効果があり、室内空間はどうデザインするかによって居心地が変わります。

また、見え方にこだわることで、より満足した家にすることができます。

家の中のスペースをパブリックスペースとプライベートスペースにわけて、パブリックスペースの存在を意識することで、訪問者が集まって、くつろぐ空間としての役割で、プライベートスペースには、個人が一人になる空間としての役割があり、パブリックスペースを意識することによって、知人を招きやすくなります。

さまざまな特長を生かすことによって、日本の住宅とは違ったメリットを多く見出すことができます。

MENU